ひとり社長の情報発信をフルサポート
思考の整理、企画・戦略提案、制作支援。欲しい部分をピンポイントに。
動画講座を作る

ワードプレスに容量の大きな動画ファイルをアップロードする方法と注意点

動画講座を自前で構築したい(youtubeなどのプラットフォームを頼らない)・・・と思い立った方が一度は考えるのが「自分のワードプレスに動画をアップしてパスワード管理できないか?」というケース。

サーバー側の設定を少々いじくる必要がありますが、技術的には十分可能です。*ただし注意点もあり。

この記事では、ワードプレスに容量の大きな動画ファイルをアップするために必要な手順と、解説をしてみたいと思います。

もしよかったら、実際に私が試しに作ってみたページがこちらにありますので、そちらをチェックしながら記事を読み進めて下さい。

デフォルトだと、アップロード容量に制限がある

1-2分程度で解像度もそれほど高くない(720p程度)動画であれば、特に意識しなくとも動画をワードプレスにアップすることは可能ですが、数十分のボリュームになってくると、アップロードがうまく行きません。

これは、サーバー側の設定で、アップロードサイズに制限がかけられていることが原因です。

変更後のアップロード容量

実際私も「もっと容量の大きな動画をアップしたいんだけど・・・」と思うように。

色々と調べながら試してみて、自分のワードプレスも容量をアップさせることに成功しました。

図の通り、5GBまでのアップロードが可能になっています。

ただ、ファイルの容量が5GBに満たなくても、1GBを超える前後からアップロードでエラーになることが多いので、基本的には数百MBぐらいの容量に収まるように時間を細かく切って動画ファイルを作るようにしています。

変更方法

・・・ということで本題ですが、この設定を行うためには、サーバーの設定変更が必要になります。

エックスサーバーを例に解説されている良いサイトがあるので、こちらの記事を参考にしてください。

注意点

ちょっと設定をいじくるだけで意外と簡単にできてしまうので、一見便利と思いきや…

じつはサーバーの契約でデータの転送量というものが決められています。

エックスサーバーの例

こちらのテストサイトに上げた3つの動画。合計で500MBの容量です。

転送量の目安が1日70GBなので140人の方が3つの動画を再生されるだけであっという間に転送量の上限に達してしまうのです・・・

たとえば1つの記事に100MB程度の動画を埋め込んだ場合、100人が再生するだけで約10GBの転送量になってしまいます。


そうなると一日のPVが1000以下でもサイトが落ちてしまう危険性があります。

SNSで記事がバズりでもしたら地獄です。


WordPressに動画を直接アップロードするのは危ない

  • 不特定多数の人が見ない
  • 限られた人にだけ見せる
  • その人数はせいぜい数名から2-30名程度

という場合に限定するなど、影響が小さくて済む前提で対応されるのが良いかと思います。