ブログセミナーの動画を無料提供しています。ビジネスの活性化に必須なブログ作り/出張講演のご案内

ブログ、HPで情報発信することの重要性はなんとなく分かっているけど、、、

近くに詳しい専門家がいないから、うまく使いこなせていない・・・

考えや想い、実績はたくさんある。

でも文書化や、パソコンが苦手で手を付けられていない!

 

そんな風にお困りの個人事業主、小規模事業者のあなたへ。

 

半年間で300名以上の方に直接ブログ作りを教えてきたブログセミナー講師が、あなたのブログを分かり易く、楽しく続けられるようサポート。

 

あなたのビジョンやミッションを正しく伝え、必要なお客様にきちんと届ける。ひいては、お客様の獲得や、仲間を募ることに繋げる。

そんなブログ作りのノウハウをこのサイトで提供しています。全国への出張講演も可能。

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

ブログ集客コンサルタント仲村屋の3つの特徴

ブログの先生は日本中にたくさんいますが、他社には無い大きな特徴が次の3つです。

1.国の法人での勤務経験14年

高校を卒業し退職するまでの14年間、政府系の法人で事務職として勤務しました。

学歴が無い分叩き上げで、報道・広報・不動産・経理・予算・労務、、、様々な職場を数年おきに経験する中で、本社組織の中枢ポストや現場の最前線まで幅広く経験しました。

内勤として社内調整を行う他、数十件以上の仕事マニュアルを作成・配布したり、外回りとして対外的な業務を行うことも。

数年おきの異動・転勤がある組織だったため、「引継ぎを楽に」「同じ仕事はもっと効率的に」という思いで、担当業務のマニュアルを赴任する先々で作成していたことも、今の仕事に繋がっています。

いわゆる「お堅い職場」ではありましたが、国の予算・決算、補助金の仕組みや監査対応等、高い透明性が求められる仕事に従事するという貴重な経験を積み、

  • 分かりやすい文書を書いて、人に伝える
  • ノウハウを体系化して人に教える
  • 膨大な予算・決算データを集計し、業績をシンプルに数字で表す

こうしたスキルを培ってきました。

詳しいプロフィールはこちらからダウンロード可能です。

2.地方に優しい!全国どこでも出張可能

実は私、、、JR新大阪駅、伊丹空港までそれぞれ10数分でアクセスできる立地に住んでいます。

新幹線や飛行機を使い、ほんの数時間であなたのもとにご訪問が可能なのです。

(伊丹空港発のフライトマップ)

(新大阪発の新幹線路線図)

私自身が過疎化が進んだ地方出身者である、、、というのも関係しているのかもしれませんが、

同級生は9名。クラスは複式学級、運動会は幼稚園~中学生までを合同で行う。そんな場所で育ちました。

 

Kazuyuki Nakamuraさん(@naka668)がシェアした投稿

人口が非常に少ない、一見何もないような村だったのですが、実は、夏は他県から多くの観光客が訪れる海水浴場を有していたのです。

私が小さいころは両親は民宿を営んでおり、そのこともあって、いろんな土地から来たお客様の話を聞くことが新鮮で楽しかったことを今でも覚えています。

時々遠方に出かけることや、その地の人と交流することが特に苦にならない。ということを活かして、今でも日本中を飛び回っています。

地方の活性化のお役に立てるベースができたのは、実はこの小さいころの体験だったのかもしれません。

3.ノウハウは惜しみなく、セミナーは実践重視

全くのゼロの状態から、個人でブログをスタートさせ、月間40万回見られるブログに成長させた経験とノウハウがあります。

(1ヶ月間のアクセスの実績)

  • ブログや、ワードプレスの作り方はもちろんのこと、
  • 集客に必要なページの作り方や、
  • アクセスアップのコツ
  • 人に共感してもらい、信頼を得るためのブログの書き方

こうした様々なノウハウをこれまで300名以上の方にお教えしてきました。

ブログセミナーでお教えしている内容も、随時youtubeにアップロードしています。

他にもたくさんアップロードしていますので、こちらから是非ご覧になってください。

そして、リアルでお話するセミナーについては、何よりも「実践・体験」を重要視しています。

ノウハウはもはやネットに溢れています。

詰め込み式の講義は、眠くなってしまったり、容量オーバーになってしまうことが多々あります。

  • ワークショップ形式で、実際に手や頭を動かす
  • 知識を「使える技術」にして持って帰っていただく
  • ネットで調べても絶対に出てこない情報を得てもらう

リアルな時間を共有することでしか生み出せないものを大切にし、知的好奇心を満足させる仕掛けや工夫を、参加者のレベルに合わせて毎回必ずアレンジして提供しています。

また、1度のセミナーでお伝えできることは限られているので、自前でオンラインのコミュニティも運営して、継続的な学習・成長にも力を入れています。

これまでの実績

代表的なものでは、

ふつうのブログを集客ブログに変える実践セミナー@大阪

売れるランディングページを作るセミナー/ワークショップ@東京

などなど。

セミナーの登壇実績についてはこちらのページをご覧ください。

頂いているご感想についてはこちらのページをご覧ください。

中村
ということで、これをご覧になっているあなたの元に直接伺い、講演の機会を頂けると嬉しく思っています。ぜひ一度ご検討ください!

良くいただく質問

Q:セミナーの時間はどのくらいが必要でしょうか?

A:参加者の集中力を考慮して、おおむね2~3時間/日としているケースが多いです。

標準的な構成は、理論40分、ワーク40~60分、フィードバック・質疑応答30分といった構成ですが、内容によって自由にアレンジも可能です。

Q:複数日程でのセミナー開催も可能でしょうか?

A:はい。もちろん可能です。初日:導入編、2日目:応用編というような参加者のレベルによって分ける方法や、初日:A地区、2日目:B地区というようにエリアを区切っての開催も可能です。

Q:費用はどのくらいかかりますか?

A:往復の交通費、(遠方/連続の場合は宿泊費)+講習費をご用意ください。(会場、備品は招へい側にてご用意願います)

講習費につきましては、通常自社主催では個人向け:5,000円/人、事業者向け:10,000円/人(2017.12.28現在)としていますが、団体様の場合はご予算に応じて割引のプランもご用意可能です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

Q:どのような会場・備品が必要ですか?

A:教室スタイルの机配置で、2-30名程度収容の会議室で開催することが多いです。

備品につきましては、スクリーン(白い壁でも可)、プロジェクタ、PC-プロジェクタの接続ケーブル(VGAまたはHDMI)、ホワイトボード、延長コードをご用意ください。

(使用する映像出力端子。どちらかを利用します)

ノートPCは当方で持参します。

2-30名程度の会場の場合、音響設備、マイク、ポインタは不要です。

配布資料につきましては、事前にデータをお送りして人数分印刷配布のご協力をいただけますと助かります。

Q:講演の依頼は何日前にしたら良いですか?

A:準備の余裕のため、開催希望日の2か月以上前を目処にご相談いただけると幸いです。

Q:どのような内容での講演が可能ですか?

A:プロフィールに記載しております。こちらからダウンロードしてご覧ください。

ブログの必要性についてを説明する。ブログの初歩的な書き方を説明する。こうした初心者向けのセミナーも受け付けておりますので、どうぞご安心ください。

Q:社内説明用に簡単なプロフィールが欲しいのですが。

A:プロフィールに記載しております。こちらからダウンロードしてご覧ください。

Q:招へい側でチラシや告知文を制作したいのですが、原稿の校正にご協力いただくことは可能でしょうか?

A:もちろん可能です。期限と併せて、原稿/ゲラをPDFでお送りください。

セミナー開催にかける想い

「話せば話すほど、、、この方/この企業様って面白いなぁ!」

多くの方にブログ作りをお教えする中で、私が率直に感じていることです。

 

  • 発信拠点を作ること
  • ビジネスを初めた当初の、原点の想いを大切に書き記すこと
  • きちんと書いておきさえすれば、自分の時間を使わなくても、相手がそれを読んで、共感してくれるということ。

 

これらの役割をブログが担ってくれます。ビジネスを活性化するうえで非常に重要なツールです。

一方で、

  • ブログ集客に関する大いなる可能性にまだまだ気づけていない、
  • ビジネスに効果的につながるブログを運営できていない、
  • そもそも書き方が全然伝わるようになっていない。

このようにもどかしく感じることもとても多いです。

 

あなたの想いに共感してくれる人がお客様になってくれたり、仲間になってくれたりして、活動やコミュニティが広がる。

これほど嬉しいことは無いはずです。

 

情報がインターネット上にあふれる一方で、人口はどんどん現象していく。

国が推し進める、地方の創生、女性の活躍、小規模事業者の支援、働き方改革、全てに係わる大いなるカギが

  • 想いを表明すること
  • その想いを書き留める媒体を持つこと

です。そのツールの代表的なものはブログだと確信しています。

 

強い想いを持つあなたにこそ、それを発信し、より一層活躍していってほしいと願っています。

そんなお手伝いができれば、これほど嬉しいことはありません。

 

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

中村
お気軽にご相談ください。